imagedamasarenai

浮気調査依頼の前に知っておくべき真実とは?

知ってる人は知っていますが、探偵業界には非常に多くの悪徳業者がはびこっています。もしあなたが、「探偵はプロだからどこに頼んでも同じ」とお考えているなら、高い確率で悪徳業者に当たり、”悲惨な結果”を招くことになるでしょう。

uwakichousaimage1

”悲惨な結果”とは、大金を支払ったにもかかわらず、本当に調査したのかどうかわからないズサンな調査報告をされ、浮気の証拠は撮れない、納得いく説明もない、本来の目的である浮気の悩みは解決できない上に金銭的負担を負い、悔しさと憤りで新たなストレスを抱え込むという最悪の結果のことです。 金銭的被害は、大手悪徳探偵業者は200~600万円、中小零細悪徳探偵業者は20~100万円というのが目立ちます。  大手悪徳探偵業者は莫大な宣伝広告費をかけているので、その分、被害額も大きくなる傾向にあります。

uwakichousaimage2

優良探偵事務所を見分けるポイントとは?

悪徳探偵の被害を避けるためには探偵業界の現実を知り、優良探偵と悪徳探偵を見極める「重要ポイント」を知ることが不可欠です。ネットには探偵業者のサイトや、探偵ランキング・口コミサイトが溢れています。それらのサイトの「探偵選びのポイント」を見ると、大体以下のポイントが載っています。

・探偵業届出をしているか

・探偵業届出番号がホームページに載っているか

・探偵業届出証明書が事務所に掲げられているか

・ホームページにある住所に事務所が実在するか

・面談場所が探偵の事務所でファミレスや喫茶店でないか

・サイトや広告のキャッチコピーに誇大表現はないか

・料金の安さばかりアピールしていないか

・過去に行政処分を受けていないか

・違法調査や差別調査をやっていないか

・電話で料金に関する質問に答えてくれるか

・契約前に正式な見積金額を出してくれるか

等々

 

どうでしょう?

これらをクリアしていれば本当に信用できる探偵事務所なのでしょうか?

答えはNOです。

 

いずれも探偵業者が”最低限クリアすべき当たり前のこと”ばかりであり、これが出来ているから優良探偵ということにはなりません。

現に悪徳探偵事務所のほとんどがこれらの条件をクリアしています。

悪徳探偵は依頼人を信用させるために、体裁だけはきちんと整えているのです。

 

上記ポイントだけで探偵事務所を選ぶと、悪徳探偵に当たる危険性が極めて大です。

 

真に調査力があり、誠実に調査してくれる”優良探偵”を見つけるには、上記ポイントに加え下記ポイントのクリアが欠かせません。これらポイントをクリアしていれば優良探偵と見て間違いないでしょう。逆に満たしていない探偵業者は避けた方が無難です。

 

注意しなければならないのは「すべての条件満たしている」ということです。どれか一つでも欠けると完全には信用できません。特に⑥の「以上の条件を契約書に記載」は重要ですのでご注意ください。客寄せのために広告やホームページにこれら条件の一部を載せて、契約したあとは実行しない探偵業者もいるのでご注意ください。

①依頼人が現場に同行することを認めている。(透明性)

調査力に自信があって、契約書に則り、誠実に調査を実施する探偵であれば、依頼人が浮気調査の現場に立ち会っても何も問題はないはずです。依頼人の現場同行を認めない探偵業者は、悪徳と思った方が無難です。

uwakichousaimage3

悪徳探偵業者が依頼人の現場同行を断る理由

・尾行や張り込みですぐに見失うため調査力が無いことがバレルから

・低賃金で雇った素人アルバイトに浮気調査の現場を任せていることがバレルから

・調査員の数をごまかしていることがバレルから(4名の契約なのに1名でやらせているなど)

・調査をやらず現場の写真だけ撮影して「対象者に動きが無かった」という、

デタラメな調査報告をするつもりだから。←非常に多い

②調査報告書だけでなく現場から携帯でリアルタイム報告。(透明性)

現場同行と同様に調査力とモラルのある探偵であれば、浮気調査の現場から途中経過を報告できるはずです。公衆電話しかなかった昔とちがって今は携帯電話がある時代です。それができない探偵業者は避けた方が無難です。

uwakichousaimage4

悪徳探偵社がリアルタイム報告を断る理由 ・辻褄を合わせにくく、実際には調査していない事やウソがばれやすいから。 ・無断延長をして、追加料金を請求することが難しくなるから。 ・調査力の低さによる失敗や、怠慢を隠ぺいしにくいから。

③過去の実績・調査能力を裏付ける客観的資料を見せてくれる。(客観性)

調査力と実績のある探偵なら、過去に行った調査資料を持っているはずです。たとえば調査報告書コピーやビデオ・写真など。これらの資料を新たな依頼人(相談者)に見せるに当たっては、その案件の依頼人の許可を得ることが前提ですが、誠実に調査を行い結果を出していれば、大抵の依頼人は了承するものです(秘密厳守を確約した上で)。 「うちは契約完了後はすべて資料を抹消している」 「依頼人や対象者のプライバシーに関わるので一切見せられない」と いう探偵業者は、信用しない方が無難でしょう。

uwakichousaimage5

悪徳業者が資料を見せない理由 ・そもそも調査力も実績もないので、見せられるレベルの調査報告書・ビデオ・写真を持っていない。

④契約~調査実施~結果報告までを専任の探偵が担当してくれる。(責任所在)

優良探偵業者は、実際に浮気調査を行う探偵が、最初から最後まで責任を持って対応してくれます。その会社の規模や、時々の事情で相談員と探偵が別人になった場合も、依頼人が直接探偵に連絡することを拒みません。しかし悪徳探偵(特に大手の中の悪徳業者)は、絶対に依頼人を調査を行う探偵に会わせませんし、直接連絡させてくれません。

uwakichousaimage6

悪徳探偵業者が相談員と探偵を分けて、依頼人と探偵との接触を断る理由 ・責任の所在をあいまいにしたい。 ・低賃金で雇った素人アルバイトに、調査させていることがバレルから。 ・依頼者が探偵に鋭い質問やカマをかけた場合、嘘がバレルてしまうから。

⑤無意味な連続実施ではなく、浮気しそうな日を選んで実施できるピンポイント制。(非営利至上主義)

たとえば、合計6日分の契約をしている場合、優良探偵は依頼人のことを考えて、対象者が浮気相手に会う可能性が高い日を狙って、ピンポイントで分割して実施してくれます。たとえば金・土に浮気相手と密会する可能性が高いのであれば、毎週金土の2日を3週やるといったように。そうすれば成功率が格段に上がり、予算の範囲内で結果が出やすいからです。しかし悪徳業者は密会しないとわかっている日も、何が何でも連続して実施します。

uwakichousaimage7

悪徳業者が無意味な連続実施をする理由 ・契約分を早く消化させては追加依頼させ、売上を上げることしか考えていないから。

⑥以上の条件が契約書に記載されている。(義務責任)

以上の①~⑤の条件を広告やサイトでうたっていても、肝心の調査契約書に記載されていなければ何の法的拘束力はありません。悪徳業者は平気で約束を破ります。契約書に署名捺印をする前に内容をよく読んで、①~⑤の条件が記載されているかどうかを確認しましょう。記載が無い場合は、悪徳探偵社とみなして契約を見送った方が無難です。

uwakichousaimage8

 

 

相手の不倫を証明してあなたのプライドと権利を守りぬく

syobana7

浮気不倫問題の解決はクライアントの考え方によって変わってきますが、代表的なもの二つを紹介します。

 

関係修復目的の浮気調査

離婚はせずに元の幸せな家庭を取り戻したい!

解決!

夫や妻に浮気していることを認めさせ謝罪させた。

不倫相手とも別れさせて平和な家庭を取り戻した。

不倫相手に慰謝料を支払わせた。

uwakichousaimage10

 

離婚前提の浮気調査

夫や妻が浮気の事実を認めないまま離婚に持ち込もうとしている!

浮気は許せない、不貞を証明して法的制裁を与えて離婚したい!

解決!

調停や裁判に勝ち相手の不貞を証明しプライドを守った。

慰謝料・財産分与・養育費など十分な補償を得ることが出来た。

不倫相手にも慰謝料を請求し支払わせた。

uwakichousaimage11

このような解決には確かな浮気の証拠が必要です。そしてその証拠を押さえるためには上記のポイントをクリアしている、真の優良探偵事務所に依頼することが不可欠です。